防災・防水害のちふりや工業 サイトトピックス

#
農機具水没防止製品カーパッくんは農機具を防水カバーとエアーマットで包んで水没を防ぐことを考えて開発しました。カーパッくんは、緊急車両の水没防止だけでなく、特殊車両や乗用車やバイクの水没防止、クラシックカーの水没防止、トラクターなどの農機具の水没防止、建設機器の水没防止にも活用できます。カーパッくんは台風・地震・津波・洪水・ゲリラ豪雨の際の漂流物の衝突による破損を防ぐエアマットと浸水による故障を防ぐ防水カバーの二重構造で構成されています。カーパッくんの防止カバーは、防水ファスナーによる完全防水機能を有しています。また、カーパッくんはさらに、カーパッくんは一般家庭の家財道具の水没防止にも応用が可能です。
#
フレコンスタンド(フレコンバッグスタンド)とはフレコンバッグをフレコンスタンドにて自立保持させるスタンドで、フレコンスタンドのフレコンキーパーは物流や保存や資源管理や資源分別の用途で、生産工場や製造工場や工事現場や産廃処理の現場で活躍している、
#
フレコンとは正式にはフレキシブルコンテナバッグ(Flexible Containers)、または、クロスコンテナバッグ(Cloth Containers)ですが略してフレコンといいます。フレコンの名称通り柔らかい素材(ポリプロピレン・ポリエチレン)で作られており、使用しない時には小さく折り畳むことができます。フレコンは、サイズ・価格・型など、利用用途や使用する現場環境で種類が変わってきます、通常よく使われるフレコンバッグは1㎥のものが多いですが、それ以外のサイズでもフレコンバッグを自立保持させるフレコンバッグスタンドがちふりや工業では作れます。
大型土嚢(大型土のう)製作 瞬作が二人で3分以内で1で水害の対策の瞬作® NETIS・特許は 大型土嚢(大型土のう)制作が可能です。河川決壊・水害・防災・雨によの、土嚢(土のう)制作は従来工法では1日50個が限度ですが瞬作(大型土嚢(大型土のう製作)フレコン1日150個(大型土のう)作成が可能、大型土嚢(大型土のう)を吊上げ移動しても楽に外す治具採用で水害時の防災対策がスピーディーに行えます。大型土のうを吊上げ移動しても楽に外す治具採用、瞬作® NETISにて評価されています。
車両水没防止製品カーパッくんは緊急車両を防水カバーとエアーマットで包んで水没を防ぐことを考えて開発しました。カーパッくんは、緊急車両の水没防止だけでなく、特殊車両や乗用車やバイクの水没防止、クラシックカーの水没防止、トラクターなどの農機具の水没防止、建設機器の水没防止にも活用できます。カーパッくんは台風・地震・津波・洪水・ゲリラ豪雨の際の漂流物の衝突による破損を防ぐエアマットと浸水による故障を防ぐ防水カバーの二重構造で構成されています。カーパッくんの防止カバーは、防水ファスナーによる完全防水機能を有しています。また、カーパッくんはさらに、カーパッくんは一般家庭の家財道具の水没防止にも応用が可能です。
4点吊り 救命胴衣・ライフジャケット 高機能 4点吊り 救命胴衣 ライフキャッチ® の ライフジャケット特許技術・意匠出願済をライセンス契約、災害警報が発表されたら ライフジャケット 高機能 4点吊り 救命胴衣 ライフキャッチ®、ちふりや工業の特許技術・意匠出願済をライセンス契約しませんか? 政府発表、死者32万人以上想定の南海トラフ巨大地震・日々大被害をもたらす自然災害では『自分の命は自分で守る』 災害警報が発表されたら、避難する前に ライフジャケット 高機能 4点吊り 救命胴衣『ライフキャッチ®』を装着すれば、命だけは助かる「避難の一歩」になるかもしれません。
#
危機管理産業展2019へご来場お礼、危機管理産業展2019にご来場いただきありがとうございました、東京ビッグサイト青海展示棟にて10月2日から10月4日まで開催されました、危機管理産業展2019には危機管理に多くの方々にご来場いただきました、
#
危機管理産業展2019に出展致します、危機管理産業展2019は東京ビッグサイト青海展示棟にて10月2日から10月4日まで開催します、危機管理産業展2019には危機管理に関わるさまざまな業種が出展します
#
味噌工場の資源管理について、味噌工場で資源ゴミが出るとき、味噌工場では資源を廃棄せずに再資源化する取り組みを行われる味噌工場が増えて来ています、味噌作りで出る、大豆などの植物性残さ、汚泥、木くず、紙くずなど副産物・廃棄物が生じます、これらの副産物・廃棄物について、それぞれ用途を開拓し、再資源化を実施されています、その時に、フレコンバッグとフレコンスタンドが使われています、フレコンスタンドは、自立保持のフレコンキーパーが便利です、
#
排水を肥料に再資源化の取り組み、排水を肥料に再資源化するには、排水を脱水した物を農家に運び、乾燥・攪拌、切り返しを行い、発酵され肥料となります。排水を肥料に再資源化する過程で、排水を脱水後に農家に運ぶために、フレコンバッグを使った収集、運搬、管理といった方法を行われる工場もあります、その際にフレコンスタンドのフレコンキーパーが便利です、